タダラフィルのデメリット

タダラフィルのデメリット 

効果の継続時間は服用する量によって変わってきます。

これはシアリス及び、そのジェネリックも同じで10mgで24時間~30時間、20mgで30時間~36時間です。

ウィークエンドピルと言われているくらいですから、週末は最長の効果持続が得られる20mgを利用するなど、休みに合わせて服用量を調整するのもいいかもしれません。

しかし理解しておいて欲しいのは、タダラフィルを主成分とするED治療薬は効き目がマイルドだという点です。

バイアグラやレビトラは即効性がありますが、効き目が出るのに1時間~4時間と長い上に、1番効果が高くなるまでにかなりの時間がかかります。

勃起が不十分ということではありませんが、勃起に強度を求める男性にはあまりおススメではないかもしれません。

ですから確実にガツンという勃起が欲しいという男性は、バイアグラやレビトラの方が断然おススメということになってくるわけです。