タダラフィルのメリット

タダラフィルを成分にしたED治療薬のメリットとデメリット

タダラフィルのメリット 

タダラフィルを主成分とするシアリスは、現在販売されているED治療薬の中でも抜群の人気を誇り、昨年度の2013年にはED治療薬の中で最も大井販売数を記録しました。

現在は本家シアリスの他にも、シアリスの様々なジェネリックが販売されており、シアリスの売上とともに右肩上がりの傾向にあります。E

D治療薬はどれも、勃起を阻害する原因を取り除き、血管拡張作用によって勃起に必要な血流量を海綿体へ送り込むことで勃起を実現します。

しかし、その作用をもつ有効成分が全て違うために、効用や効果の表れ方が違ってくるというわけです。

シアリスをはじめとしたタダラフィルを成分にしたED治療薬の1番のメリットといえば、その持続時間の長さに尽きるでしょう。

バイアグラで4時間、レビトラで6時間の効果持続時間が、なんと最長36時間にもなるのですから、飲むタイミングを気にしなければならないバイアグラやレビトラと比べれば本当に使い勝手のいいED治療薬と言えるでしょう。

それに、食事が全く悪影響を与えないという点も見逃すことはできません。

バイアグラは完全に食事NGですし、それが改善されたレビトラに関しても空腹の方がききめがあるといわれています。

ですから食事OKのタダラフィルを主成分としたED治療薬は、他の2つとは一線を画す全く違ったものということになります。

そしてタダラフィルの大きな特徴として、副作用の発生率が低いという点が挙げられます。

ED治療薬は全般的に副作用が軽いのですが、火照りや頭痛など、何かしらの副作用が高確率で起こります。

バイアグラでは90パーセントもの高い確率で発生するので、ED治療薬と副作用はセットと考えている人も多いくらいです。

しかしタダラフィルは副作用をお越しにくい成分です。

シアリスなら副作用の発生率が30パーセントを切るほどですから、使用した人の3人に2人は副作用がないということになります。

副作用に悩まされている人には是非試してもらいたいED治療薬と言えるでしょう。